スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

飛び出せわたし!ミラクルスイーツ術でミラクル体験!

軽やかに生きたい女性に贈る♪
未来食つぶつぶの食術と生き方レシピ!
つぶつぶマザー村上美保です。

村上美保プロフィール(公式サイト)
メルマガ登録
つぶつぶHP
未来食セミナーHP
つぶつぶ料理教室って?
安曇野までのアクセス



NOシュガー・NOエッグ・NOミルク、
穀物が主役のミラクルスイーツで、
美味しい大いばりのスイーツライフを実現!

12/1〜2、未来食セミナーScene2を安曇野で初開催しました!

ミラクルスイーツ術を学ぶ1.5日は、
まさにミラクル続き〜✨

わたしたちスタッフにも、
参加者さんにも、様々なミラクルがあって、

笑いあり、涙あり・・・感動いっぱいの
未来食セミナーScene2を初開催することができました!


スタッフ同士の意識も一つだったので、
準備段階から良いイメージしかありませんでしたが、

セミナー前日夜の21時半に、
心を寄せていた方からお申込みの電話があったり、

セミナー初日に、
参加者さんを迎えに行こうと車を走り出した瞬間、
大きな虹が道路いっぱいに見えたり、

天から祝福されているとしか思えないほどの
光景や出来事が続き、
思わず涙が溢れました。

未来食セミナーScene2は、
講義とライブクッキングで構成された
セミナーですが、

参加者さんは、
ご自身の人生を重ね合わせて、
様々な気づきや想いをシェアくださり、
毎回胸いっぱいになりました✨

料理に対するイメージも変わったようで、
早速に料理やスイーツ作りを楽しまれているようです。

たった1.5日で、
自分の世界観が変わり、
料理が楽しく、美味しくなるセミナー。
人生が楽しく、輝き出すセミナー。

それが、未来食セミナーです。
最近の投稿

手から金粉が見える!?

軽やかに生きたい女性に贈る♪
未来食つぶつぶの食術と生き方レシピ!
つぶつぶマザー村上美保です。
--------------------------------
いよいよ今週末となりました!

\安曇野で初開催!ミラクルスイーツ術/
 本当の甘さを取り戻そう!【未来食セミナーScene2】

【日時】
12月 1日 (土) 13:00~21:00
   2日 (日) 9:00~18:30

【場所】
つぶつぶマザー村上美保 自宅
長野県北安曇郡池田町(詳細は申込者にお伝えします)

【お申込み】残席3!
https://goo.gl/ayd8ix
-------------------------------------------------------

日曜日は、月1回、全6回で
つぶつぶ雑穀料理の基本を学ぶ
つぶつぶ料理教室公式コースレッスンを開催しました。

長野県内からは、同町内のみならず、
長野市、塩尻市、茅野市などからご参加いただき、
毎回充実の時間を過ごしています。

毎月、参加者さんの料理の進歩・変化、
ご家族の反応や様子などが
聞けるのも楽しみですが、

先日は、参加者の方の
精神的な変化や成長の話が大きくて、

先日つぶつぶ創始者
ゆみこが開催した「おんな開き公開講座」に
象徴されるように、

自分も周りも社会も
「女性性の開花」に向けて
変化していることを改めて感じました。
参加者さんたちも、 レッスンでつぶつぶ料理を食べた後は、

「シャキシャキよく動けるんです。」
「しばらく穏やかにいられます。」

極め付けは
「手から金粉が出るんです。
 やっぱりエネルギー高いんですね。」
などと話されてます!
スゴイでしょ~!!!

手から金粉が出てるのが
見えるらしいです!

わたしは、残念ながら、
金粉が見えたことはまだありませんが・・・

料理がキラキラしているのは
よく見えます♪
キラキラする料理を
作って食べるから、
つぶつぶ料理を実践していると
細胞レベルから、
身体も、心も
キラキラしてくるんですよー♪

信じられない人は、
実践あるのみです♪
特に、今週末に開催する
未来食セミナーScene2」を受講すると
その意味がよくわかると思います。


未来食セミナーScene2」は スイーツに特化したセミナーですが、

この「「未来食セミナーScene2」」を 受講するかどうかで、

つぶつぶライフ実践に対する
軽やかさ、楽しさ、楽チンさが大きく変わります。

この差は、とても大きいです。

だから…

11月23日は国一番の行事「新嘗祭」

うっかりしてました。。。。
昨日Facebookで流れてきた 「神様とのおしゃべり」著者 さとうみつろうさんのブログを読んで
大事なことを思い出しました!
このブログです↓ さとうみつろうオフィシャルブログ
「平成における天皇最後の祈りに、国民のチカラを御貸しください」
昨日、11月23日は、
五穀豊穣を祝う「新嘗祭」が
宮中で行われる日。

日本では、
古くから五穀の収穫を
祝う風習があって、その年の収穫物は国家としても、
それからの一年を養う大切な蓄えとなることから、

国一番の大事な行事として、
飛鳥時代から始められたと
伝えられています。

今でも、新嘗祭のために、
各都道府県では、
県内の持ち回りで、
献上アワの栽培がされ、

天皇自らが湯殿で身を清め、
白い絹でできた白装束をまとって、
祈りの伝統儀式を行われています。

戦後、昭和23年に、
「勤労感謝の日」と改名されてから、
日本人にとって一番重要な祭の日が
意識から消えて、

五穀への感謝の気持ちも
薄れていきました。
(大谷ゆみこ著「ごはんの力」より一部抜粋)

わたしも、 ゆみこの著書を読んでわかっていたのに、
Facebookでさとうみつろうさんの 記事を読むまでは うっかり忘れていたほど、
「新嘗祭」に対する 意識が薄くなっていました。
雑穀アワはもちろん、 五穀の恩恵に預かっていて、